選ぼう!名刺作成業者

名刺作りを頼むと決めたなら

モデルとして成功したい人が持っているべき名刺作成のノウハウ

2020-03-18

モデルになって成功したい、何とかデビューを果たすことはできたけれどこれから成功するにはどうしたら良いか、会社に所属はできたけれど将来性を確保したいと悩んでいるモデルの人は大勢います。実は名刺作成に関するノウハウを持っているだけで成功できるかどうかが大きく左右されるので、名刺がどんな意味を持つのかを確認しておきましょう。


フリーランスのモデルには名刺は不可欠

モデルとして大きな成功を遂げている人の多くはフリーランスの時代を持っています。フリーランスのモデルとして色々なクライアントからの依頼を受けてこなしていくことにより経験を積み、名前が知られるようになってからは多方面からのスカウトを受けるようになるというのが通例です。

そして、誰もが知っているような有名なモデルになってからもフリーランスを続けている人も大勢います。途中で会社に所属して専属モデルとして活躍する道を選んで成功をしている人もいますが、大抵はモデルの卵の時期から同じ会社で働いていることはありません。

あるタイミングでフリーランスのモデルがスカウトを受けて専属モデルとして大成功を上げているのが普通なのです。そのため、いかにしてフリーランスのモデルとして成功を遂げるかが将来性を考える上で重要になります。

成功のためには自分の美しさを磨いていったり、モデルとしての立ち振る舞いの仕方を学んだりすることも重要なのは確かです。ただ、スキルや知識があってとてもきれいな人であってもモデルとしてなかなか成功できないでいることがよくあります。

その原因は人脈が足りないことで、コネによってスカウトを受ける、紹介されるといったことが多いのはモデル業界の特徴です。何とかできた人脈を最大限に生かしていき、仕事を増やしてさらに人脈を広げていくという考え方が欠かせません。

そのためのツールとして不可欠なのが名刺です。

名刺は営業のためのツール

モデルが人脈を広げる上で名刺が重要なのは基本的な営業ツールになるからです。日本ではビジネスで自己紹介をするときには名刺交換をするのが基本になっていて、その名刺に書かれている内容やデザインの印象が相手に大きな影響を与えます。

会社に所属している場合には所属先がわかる情報源という程度にしかならない場合もありますが、フリーランスの場合には自分がどんな人で何を大切にしているモデルなのかをアピールするためのツールになります。そのため、内容にこだわりを持って作成し、初対面の相手に魅力的な仕事の依頼先として覚えてもらえるようにすることが重要なのです。

営業ツールという見方をするとデザインの仕方にもかなり工夫が必要なのが想像できるでしょう。自分の名前や連絡先が書いてあれば十分というスタンスで名刺を作成しているとツールとしてはあまり役に立ちません。どんな依頼を得意としているのか、過去の実績がどうなのか、どんなポリシーを持っているのかなどといった情報を名刺に盛り込んでいくのが効果的です。

他のフリーランスのモデルとの差別化も重要になるため、独自の点は何なのかをはっきりとわかりやすく伝えられるようにしましょう。最後に自分の主義を表すメッセージも添えるようにするとはっきりとモデルとしての取り柄だけでなく自分の性格も覚えてもらえるようになります。

名刺は自分の分身でもある

モデルにとっては名刺は自分の分身と考えるのも重要です。どのモデルに依頼をしようかとクライアントが悩んだときに、名刺を眺めていてこの人だと思ってもらえれば依頼が来ます。そのくらいわかりやすく自分の姿をイメージできる名刺に仕上げるのが重要だと考えましょう。

自分の写真をプリントしておくのは基本で、特に強みとしている部分をはっきりと示すのが大切です。顔が売りという人もいれば全身のスタイルがセールスポイントの人もいます。また、指が強みという人などもいるでしょう。

その部位をはっきりさせることでクライアントが依頼先として適しているかを判断しやすくなります。また、名刺のカラーデザインにも気を払いましょう。華やかなデザインにすれば明るいイメージを持ってもらうことができ、青を基調としたクールなデザインにすると落ち着いた印象を持たれることになります。

その印象が今回募集するモデルのイメージにマッチしたときに相談の連絡が来るでしょう。その後、面接などによる選考があるので、その際に与えられる印象と合っていないと結局は依頼をもらえません。自分のカラーをよく考えて直感的にこういうモデルと思ってもらえるようなカラーデザインをするのが大切です。

会社所属のモデルも自分の名刺を持っていよう

会社に所属しているモデルの人は会社の名刺があるのが普通です。しかし、それとは別に自分の名刺も持っておきましょう。必ずしもその会社の専属モデルとしてずっと働くのがベストだとは限りません。もっと有名なブランドに引き抜かれた方が成功できる可能性もあるでしょう。

そのための自分自身の営業に使う名刺を携えているのが大切なのです。良い出会いがあったときには会社の名刺と合わせて渡し、自分の強みや性格をきちんと理解してもらうようにしましょう。

複数の名刺を作り分けよう

さらに高度なやり方をするなら複数の名刺を作り分けるのも重要です。例えば、カラーデザインによってクライアントに与える印象はかなり異なります。クールなデザインの商品を販売しているクライアントを相手にするときには静かな色合いの名刺を渡し、情熱的なデザインのファッションを開発している企業には暖色系の明るさが伝わる名刺を渡すと魅力を感じてもらえるでしょう。

このような形で相手に合わせて適切な名刺を渡すという戦略を立てることもできるのです。名刺にそんなに力を注ぐ必要はないとおろそかにしてしまう人もいますが、名刺を見て依頼を出しているケースはたくさんあります。

妥協せずに工夫をしていくことがモデルとして成功することにつながると理解しておきましょう。

名刺作成を制してモデルとして成功しよう

フリーランスのモデルにとって名刺は重要な営業ツールで、自分のイメージや取り柄をクライアントに把握してもらうために欠かせないものです。複数の名刺を作って使い分けをするなどの工夫をすると仕事の依頼を受けやすくなり、豊かな人脈を築き上げることができます。

名刺にこだわりを持ってモデルとして成功できるようになりましょう。